自分で出来るワキガの臭い対策をすると、さらにワキガ対策クリーム効果がアップ

ワキガ対策クリームを塗れば、ワキガの臭いを無くすことはできますが、ワキガ専用クリームを正しく使う事に加えて自分で出来る入浴や食事や腋毛処理などの対策をすれば、さらに効果的なワキガケアができると思います。

 

ワキガ・すそわきが対策の食事について

体から臭いの出にくい食事を心がけることが大切です。脂っこい肉やチーズや卵などは少しだけにしましょう。代わりにビタミンやβカロチンを多く含んだ「野菜やキノコ、海藻など」のアルカリ性の物、臭いの発生を抑えるクエン酸としての「酢の物」あとは臭いの発生源となりにくい「魚介類」をとるように心がければ良いと思います。

 

ワキガ対策の入浴について

お風呂で腋を洗って清潔にすることは大事なのですが、洗浄力の高すぎる石鹸の使用や、洗いすぎはNG、余分な角質まで落としてしまって、カッサカサの脇になってしまいます。すると、体が脇を守ろうとして汗を大量に分泌してしまって、ワキガ対策クリームが効かない」くらいの酷いことになってしまいます。当然肌荒れにもなります。わきを洗う石鹸は、保湿力のある物を使用し、スポンジやナイロン性のタオルではなく、自然素材のタオルやガーゼを使い、こすり過ぎずに優しく丁寧に洗うことを心がけましょう。また、昔から消臭効果があるとされて薬湯として使われてきたミョウバンやタンパク質や脂質を除去してくれる重曹をお風呂に混ぜて入るのも効果的です。
※ミョウバンは、100リットルのお湯に1〜2ミリグラムぐらい入れます。
※重曹は100リットルのお湯に大サジ3杯ぐらいいれます。

 

ワキガ対策の腋毛について

腋毛がはえたままですと、汗と雑菌がたまりやすくお風呂で洗ってもなかなか取れてくれません。ですから腋毛は綺麗にしましょう・・・と言いましても、無理やり抜いたり脱毛クリームで脱毛したりは決してしないでくださいね。アポクリン汗腺を刺激して、ドワーッと大量に汗が出るようになりかねません。クリニックでの脱毛と言う選択肢もありますが、家で出来るとなるとシェービングです。ただし、剃り方によっては肌荒れの原因ともなるT字カミソリで剃るのではなく、電気式のムダ毛専用シェーバーを使って丁寧に剃りましょう。それが安全で良いと思います。

 

ワキガ対策の発汗について

私も含めてワキガの人は、一般的に脇汗の量が多いとされています。ですから、脇を何回も拭いて出来るだけ乾いている状態を作るか、脇汗パッドのようなある程度汗が出ても吸い込んでくれるような物をつけることになります。ただ、気になって脇をゴシゴシ拭き過ぎて荒れてしまって、さらに汗を加速させてしまったり、除菌シートで臭いを抑える良い菌まで殺してしまったりする恐れがありますので注意が必要です。やはりそこは、汗の量を調節してワキガの臭いを無くすワキガ対策クリームを使うのが良いと思います。ハードなスポーツでもしない限り、そんなに大量に脇汗をかくことが無くなりますからね。

 

ワキガ・すそわきが対策のサプリについて

ワキガとは元々アポクリン腺自体の数が多い人がワキガになりやすいのだから、アポクリン腺を減らすことができないサプリでは効果が無いんじゃないのと言う疑問はわきますよねー!確かにその通りで、サプリだけでは完全にワキガの臭いを消すことはできないようです。
しかし、ワキガ対策のためのサプリには、結構ワキガの臭いを抑えるこ力を持ったものもあります。柿渋エキスや緑茶エキスなどの殺菌力で、臭いに関係する雑菌をやっつけたり、腸内環境を整え硫化水素やアンモニアといった臭いの原因を抑え、アポクリン腺の働きを少なくする働きがあるのです。ですから、サプリはワキガ対策の一つとして捉えて摂取すればいいと思います。また、ワキガ対策にサプリを摂る場合、飲むだけなので本当に手軽で続けやすいと思いますが、知っておかなければならない事がいくつかあります。
●ワキガ対策用クリームのような即効性はないので、長期間飲み続けて、少しづつ効果が現れるので、継続力が必要になります。飲んだり飲まなかつたりはNGで、効果は半減以下になります。
●腸内環境に問題のない方には効果が薄い場合がありますが、逆にストレスや不規則な食事などワキガの原因が体内に起因している場合は大きな効果がある可能性が高くなります。

 

関連記事:ワキガ対策クリームおすすめランキングはこちら

ページの先頭へ戻る